キャンディ塗装 施工箇所ランキング

守口塗装で施工させていただいているキャンディ塗装の施工箇所のランキングを発表します。

第1位
メッキエンブレム
画像

エンブレムの箇所はさまざまですが、マスコットエンブレムやブランド名エンブレムなどメッキ加工されているエンブレムに施工させていただいております。
施工させていただく部品はできるだけ新品部品をお勧めしております。

第2位
メッキモール
画像

1位と同様箇所はさまざまです。
ドアのベルトモール(ドアパネルと窓ガラスの境目のモール)、プロテクターモール(ドアパネル中央部の一番膨らんだあたりのモール)
その他いろいろ・・・
こちらもメッキの施されたモールにキャンディ塗装を行います。
施工方法は実際にはボディについたままマスキングで作業させていただく場合が多いです。
もちろんはずして作業も可能ですが、脱着工賃や部品代が発生するので割高になります。

第3位
テールランプ
画像

レンズ部分にキャンディ塗装を行います。
「スモーク塗装」などと呼ばれる作業になります。
色は黒or赤が多いかな?

第4位
アウターハンドル
画像

こちらも部品のメッキ部分にキャンディ塗装を行います。
こちらも脱着料金が別途必要となるのでマスキング作業で施工させていただく場合が多いです。
アウターハンドルのメッキカバーが出ている場合があるのでそちらを施工させていただくもともできます。

第5位
フロントグリル
画像

ドレスアップの定番箇所ですが、メッキパーツが多い部位でもあるのでどこまで施工するのかが悩みどころ。
注意点はフロント部なので飛び石による色欠けは要注意です。

第6位
ドアミラー
画像

メッキタイプのミラーやメッキミラーカバーをキャンディ塗装します。

第7位
リヤガーニッシュ
画像

メッキタイプのガーニッシュに施工しますが、ナンバープレートがついている箇所の場合はプレートの脱着が必要となるので、再封印申請などが必要です。

第8位
フォグランプベゼル
画像

グリルなどとあわせて施工がお勧めとなりますが、グリルなどよりさらに低い位置にあるため飛び石被害が特に注意が必要です。

第9位
ヘッドランプ
画像

テールランプ同様スモーク塗装となります。
適合基準の問題もあるので薄めの施工が標準となります。
劣化したレンズのクリーニングしてついでにスモーク塗装なんかもいかがですか?

第10位
ホイール
画像

アルミホイールやメッキのセンターキャップなどにキャンディ塗装を施します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック